簡単にできる家庭料理から、ちょっと変わった郷土料理まで

アジのあらい

地元・三瓶町の代表的な郷土料理のひとつ。アジの脂を落としてたくさんアジを食べられるようにと作られたという説があります。

三枚におろしたアジの身を、冷水でサッと〆ます。刺身とはまた違った、さっぱり感を味わえます。

もちろんアジの鮮度が命!

アジの刺身

これぞ地元だからこそ味わえる逸品! 生のアジです。

あなたの近くのスーパーや魚屋さんで刺身にできる鮮度のものを手に入れるのは難しいかも。

三瓶町に来られたら、ぜひ食べてみてくださいね。

アジのたたき(生)

「たたき」と言えば少々あぶったものを思い出す方も多いでしょうが、こちらはアジの身をあぶらず、 生のまま薬味とともに細かくたたき刻んだものです。

アジのたたき

カツオのたたき同様、アジを軽くあぶり、酢醤油、薬味と一緒に頂きます。

薬味はアジが隠れるくらいたくさん盛るのがポイント。

アジのなめろう

アジの身と味噌、ねぎ等の薬味と一緒にたたき刻んだ料理です。

あじのたたきよりは、細かく刻みます。

これを大葉で包み焼くと、『アジのさんが焼き』という料理になります。

アジの塩焼き

新鮮なアジは焼くと身がはじけて大変なことになります…。

食べた後に残ったアジのアラ(骨など)も 温かいだし汁をかけて飲むと美味しく頂けます。

このおだしは、 栄養価が高く体が温まるので昔から「医者ごろし(医者いらずという意味)」 と言われています。

アジのあんかけ

アジをカラっと油であげて、とろみをつけた野菜あんをかけます。

頭まで開いて揚げることでバリバリ食べることができ、 捨てることろがなく、しっかりカルシウム補給。

アジの押し寿司

押し寿司といえば「サバ」…しか思い浮かばない? いえいえ、アジの押し寿司も美味しいのです!

脂のノッた新鮮なアジを酢で〆て。

アジめし

写真は刺身状にしたアジを醤油ベースのタレと一緒にご飯にのせて頂く、ちょっと変わった「アジ飯」。

焼いたアジの身をほぐし、醤油とからめてご飯に乗せ、その上からお茶漬けのようにだし汁をかける「アジ飯」もあります。

醤油やみりん、生卵を混ぜたタレに漬け込む「アジのひゅうが飯」というものもあります。

さつま汁

写真を見ただけでは「一体コレのどこかアジ料理?」 …と言いたくなりますが、地元の代表的な郷土料理です。

焼いたアジの身をほぐし、すり鉢で麦味噌と一緒にすります。そこにだし汁を加えてとき、お好みでゴマやネギを加えて、 ご飯にかけて食べます。

地元・三瓶町の夏祭りでも振舞われます。

骨せんべい

家庭でも簡単・無駄なく! できる一品。アジを三枚におろしたら、ぜひやってみましょう!

三枚におろした「骨」の部分を 油でカリっと揚げるだけ。素朴なおいしさ&カルシウムいっぱい。

 

TEL:0894-33-0391 FAX:0894-33-3632 MAIL:shop@maru-u.jp
愛媛県西予市三瓶町朝立2-125-1