これがプロのアジ釣り師!腕利き・マルウ船団が集合!

大慶丸は祖父の代からの三代目
浅野 慶明 【大慶丸】

物心ついた時から祖父や父と海に出ていた浅野さんは、幼い時から将来の夢が「海の漁師」。それゆえ先人の教えがしっかり伝わっています。
一本釣り漁師の中では最年少ですが、しかし腕は一番!と漁師の中でも評判です。

この笑顔にアジも気を許す!?
橋本 賀明 【あや丸】

この笑顔を見ればわかるように穏和な人柄で、この人が釣ってくるアジからも何かやさしさが伝わって来る様な気がするくらいです。
気の荒い漁師さんが多い沖の世界で、 橋本さんに出逢うとホッとします。

小学生の時から沖にでよったわぃ!
赤坂 純正 【正丸】

三瓶の一本釣り漁師の中で、釣り上げるアジの数では赤坂さんがダントツトップ!
穏和な人柄で、赤坂さんを見ていると『プロ中のプロ』ゆえの人間の大きさを感じ取れます。

釣り上げるアジの量が努力の量!
田中 幸喜 【三咲丸】

朝早くから漁場に行き、釣り上げるアジの数ではマルウ船段の赤坂さんと並んで、桁外れの漁をする田中さん。
一本釣り漁師の中でも皆から一目置かれる存在です。

若いモンにはまだまだ負けんでょ!
井上 國孝 【喜久丸】

以前はカジキの突きん棒漁をし、鮮魚商もしていた井上さん。
その培われた経験から、この時期はどこの漁場のアジが美味しいか?など、魚の事を熟知しています。

釣アジでもタチウオでもがいなこと獲るでぇ!
※がいなこと=たくさん(愛媛県南の方言)

中田 昭和 【あき丸】

以前はタンカー船に乗っていた中田さん。退職後一本釣り漁師を始めました。穏和な人柄で、漁師仲間の交友関係も広く、各漁場の情報を良く知っています。夏場は太刀魚釣りに変わりますが、太刀魚の方もかなりの漁をしています!

シブい漁師…奥地湾の中尾彬!?
大橋 徳市 【大徳丸】

一人舟で漁をしている大橋さん。 マルウ船団の中田昭和さん(あき丸)と同級生で、いつも二船が同じ漁場にいます。
余り自分から喋らず、中尾彬の様な雰囲気を持っています。しぶい!

夫婦で仲良く二人船
中田 教一 【真正丸】

以前はタンカー船に乗っていましたが、退職後アジ釣りを始めた中田さん。 沖であまりみんなの中に入って漁をするのは好きではないそうで、自分で漁場を探して漁をしています。
二人船なので、いい漁場に当たるとスゴい漁をしてきます。

定年後第二の人生は「アジ釣り」
橋本 康夫 【たかひで丸】

以前は他の仕事をしていましたが、定年と同時にアジ釣りを始めた橋本さん。
とても生真面目な人柄です。先代が漁師だった事もあり、釣り方・漁場にも詳しいです。
人より遅く出漁しますが、人と同じぐらいの漁をして帰ってくるから不思議です…。

昭和からのベテラン漁師
仲川 忠孝 【康倫丸】

昭和43年より主にカジキのつきん棒をしている腕で、アジ釣りもバリバリやっている漁師さんです。

 

TEL:0894-33-0391 FAX:0894-33-3632 MAIL:shop@maru-u.jp
愛媛県西予市三瓶町朝立2-125-1